はつかだいこん

今年、年少さんになった哥哥(ぐーぐ:中国語で兄)。自由学園幼児生活団の通信グループに挑戦中。

第2回の課題が、「はつかだいこんのたねまき」。第3回の課題が、「まびく」。

毎回することが、お手紙に書いてあって、「種まきをするときには、先に土をぬらしておきましょう。たねをまいてから水をまくと流れてしまいます。」とか、「お水をやるときは…だんだんひえてくるゆうがたはやめて、あさやるのがいちばんよいのです。」とか、「まびきしたはっぱは、おつゆに入れたりして食べられます。」とか。まぁ確かに…という内容で、私、ひとりごとで、「へー」っと言ってしまいました。子どものための教材なのに、私もそれを改めて教えてもらっている、という状況。この先、こういうこと多いんだろうな、と、思ったのでした。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です