絵本

ぐーぐ(中国語で兄)の絵本。しばらく、「機関車トーマス 」と「消防車」などの乗り物シリーズばかりでしたが、「鬼退治」の言葉の意味を教えたりしたくて、少しストーリーのあるものを読み始めました。

それで、最近読んだのが、「マドレーヌといたずらっこ (世界傑作絵本シリーズ)

彼の、この絵本の反応は、「なんだこれ

でした。

その反応がおもしろかった…。いつもは、ゴードン(トーマスのキャラ)を見つけては、「見て~」とか単純だったんで。。さすが生後1200日越えただけある! ちなみに、この絵本、確かに「なんだこれ」って私も思いました。息子に共感…。

ちなみに私は生後1.3万日強、yujiさんは1.7万日でした。でぃーでぃ(中国語で弟)は、約100日。ぐーぐはでぃーでぃの12倍も生きていて、私はぐーぐの10倍です。yujiさんは私の1.3倍。結構先輩なんですね~。

 

パリの孤児院に住む女の子マドレーヌと隣に越してきたスペイン大使の男の子のお話。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です