休日の予定の合わせ方

先日、ままいく(杉並区荻窪保健センターの母親向け講習会のOG会)情報共有会での話題。「夫となかなか休日の予定がかみ合わない」というネタがあり。当日になって、夫に「今日の予定は…」と言われ、振り回される妻、これ、どうしたらいい?とか、楽しく休日を過ごすためのスケジュールの立て方とか、そういう話。結構もりあがりました。

その話の後、わたくしの父が「夏休みなのに全然、ぐーぐ、でぃーでぃに会えなかったから、早く会いたい」とのこと。そして、その日、午前は超元気な子供たちとのお約束をこなし、夕方に帰省。その翌日の午前、わたくしの父は病院、母は美容院へ。なら、翌日午後に来ればよかったじゃん!と思った私。

夫との休日の予定を合わせるのも大変ですが、肉親ですら、さらに、74才の父ですら、予定を家族に伝えられない事実に直面し、ままいくの「家族での休日のスケジュールの立て方」は、大変深淵なテーマなのではないか、と、思ったのでした。

で、その例の日の午後は急きょ思い立って、横須賀美術館行きました。「どうぶつ」関連の企画展をやっているらしいので。

でも、行ったら、終わってました。私の母も適当…(ちなみに父はO型、母はA型)。展示員さん曰く、「どうぶつたちはね、日曜日に包帯巻いて、車で帰っちゃった」そうです。大きい作品だったらしく、解体されて、搬出されたそうです。

さて、もとの話に戻しますと、相手によって、予定の優先度って、変わりますよね…。(変わらない公正な方もいると思いますし、下記、順番が違う方もいらっしゃるとして、仮で…。この順番の違いこそ、価値観の違いか。)

予定の優先度(肉親)< 予定の優先度(夫婦) < 予定の優先度(夫家族)< 予定の優先度(彼氏・彼女(強い立場))< 予定の優先度(友達) < 予定の優先度(彼氏・彼女(弱い立場・恋人未満もあり))

ここで、

期待値(予定の優先度(夫婦))= 予定の優先度(恋人)= 予定の優先度(昔のわたしたち)

なのが、もやもやするひとつの理由かな、と。さらに、

予定の優先度(夫婦)は、時間が長くなると、「肉親級」に近づく可能性大

かもしれない。私は思いました。期待値なんて考えるのをやめて、予定があるなら、たんたんとこなす、のが、気持ち的に良い、と。

 

これだけのことに、くどく記事を書いてしまいました。でも、気になる話だったんです!

 

ちなみに、こんな話を夫にしたら、「予定を(ゴルフに行くと)言いづらい雰囲気を奥さんが出しているとか、そういう話はでなかったの?」(そして、「ままいき – 第1回 – 聴く」に続く…)。

 

[美術館の前の芝生]「ちくちく痛いよ~」と目で訴えるでぃーでぃ。抱っこするのに疲れたおばあさんに置かれてました。

メモ:2012年1月に正岡子規に関する展覧会あり。「坂の上の雲」関連。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です