写真整理

メリークリスマス~と言うことで、無事ごちそうも食べて、クリスマスプレゼントの準備。あげる前にブログ更新~。

両両親へのプレゼントは写真集にしました。モノをあげようと思っても、いらないいらない、というので、売っていないもの…写真集にすることにしました。今年は、息子が2人になり、2冊。さらに別冊で、墓参り編、作成。よく「子どもの写真集つくりたい~」とママさんたちに言われるので、私なりの、作成方法を今日はひとつ…。

 

まず、1年に一冊作る、場合。

年間通して、子どもの成長メモを手帳に記入。スマホ、でも、いいですよ。たとえば、「6月:笑顔を見せ始めた」「10月:幼稚園遠足」など。

11月下旬に、手帳を見て、今年のトピック(成長・旅行・家族のできごと)をリストアップ。

photobackの場合、34ページ ÷ トピック数 = 1トピックあたりの枚数決定(おおよそ)。34トピック以上あったら、トピック数を絞ります。

月別フォルダの下に行事別に写真を保存しておき、そこから写真をざくっと選んで、写真集用フォルダにまとめます。たとえば、6月頃に笑っている写真を探して写真集用フォルダにコピー。7月に笑顔の写真があったら別トピックで使えるならコピーするけれど、そうでないなら、写真集用には使わないと、潔くあきらめる。ざくっとだけれど、1トピックあたりの枚数を気にしながら選んでおくと編集のときに悩む時間が減ります。

photobackにとりあえず気に入った分、全部アップロードして、並べてみる。並べてみて、トピックのリストを眺めながら、ストーリーを考えて、写真のサイズを変えたりしながら、写真を選ぶと、完成~。です。

そして、おまけは、年賀状用の写真は、「写真集用フォルダー」からたいてい選べます。その年のハイライトな行事が含まれているから。

PHOTOPRESSOは、好きな枚数できるので、こういう細かいことなしに、選択した写真を全部アップロードして並べてしまえば、とりあえず完成。こちらの方が気楽に早くできると思います~。選んだ分だけ費用はかかりますが、悩んで発注できない~というのは、photobackよりは少ないです。

ちなみに写真集をつくるのに、一番大切なのは…、写真を撮ること、です。写真がないと、写真集できませんから…。とくに二人目。。。。

 

★ お気に入りの写真集サービス ★

Photoback(フォトバック) 自分の写真がちゃんとした本になります。質感がマットなので雰囲気感じられます。いろいろなサイズがあって、ミニ写真集風、ミニコミ誌風、文庫本風。しっかりした製本のサービスよりも気軽な値段でできます。PHOTOPRESSOよりもちょっと紙がしっかりしてるかな。

PHOTOPRESSO(フォトプレッソ) Photobackとだいたい同じ感じですが、「字が大きい」ので、お年寄りにあげるにはこちらの方がPhotobackよりはいいかも。文字をたくさん書きたいなら、Photobackの「BUNKO」の方がいいです。

DigiBook(デジブック)ハードカバーで、写真も字も大きいです。豪華。写真も大きいので、下手な写真だと手振れとかバレますが、それも味として楽しむ、と、割り切ればステキな写真集ができます~

 

★ 使っている手帳 7つの習慣手帳 ★
7つの習慣―成功には原則があった!
会社の研修で受けた7つの習慣のセミナーで配られた手帳。「大きい石から処理していく」、「協力して相乗効果を生む」という話がいいなと思いました。手帳としては日々の反省がしやすい、以前こうしたいと思っていたことをときどき思い出させてくれるのがいいところだと思います。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です