日産 新型 セレナ ハイウエイスター 4WD インプレッション

昨年、購入したセレナも一年以上乗った事になる。この車はさすがに人気車種だけあって、一昨年の発売日前(10月)に注文したが、結局納車は遅れに遅れて昨年2月になった。僕が注文する車は、その前のハリヤーもそうだったが何故か待たされる事が多い。

一年間、家族の足として使ってみて改めて、何故この車が売れているのかが判った気がする。この車はまさに究極のファミリーカーだと思う。まず、すごいのは収納。「この辺にものを入れる場所があると便利だな。」と思う場所には全て収納が付いていると言っても過言ではない。たとえば、この車はメーター類をハンドルの上から見る斬新なコックピット・デザインなのだが、メータの下の部分にもサングラスなどを入れられる収納がついている。

運転席 運転席 収納

さらに、どの車にもついている助手席側のダッシュボックスは上下2段に分かれていて、上段はティッシュボックス専用。間にちょっとしたものを置ける凹みが有り、下段は内部が上下に分かれていて上が車検証・マニュアル類、下段は大きな収納となっている。

助手席 助手席 ダッシュボックス

荷室も3列目シートをたためば広い収納スペースとなる。その他の収納に関しては、ビックリするほど沢山あるので、詳しくは日産のYoutubeサイトでチェックしてほしい。

また、後部座席の11インチのモニターは、長距離ドライブの退屈な時間を満たしてくれるので助かる。大型パノラミックルーフは室内を明るくし高いところが見えるし、ガラスが開かないので子供たちが顔を出す心配もない。

子供の安全ベルト装着 テレビ

子供をチャイルドシートに座らせて安全ベルトを装着する際にもワンボックスであれば、腰をかがめなくて良いし、両側が電動スライドドアなので開けたドアの心配をする必要もない点等は、常に二人分の作業が何度も発生する我が家には助かる。ドアに内蔵されたサンシェードも2列目のみに付いている。この車の後部座席は子供たちにとってはこの上なく快適なはずだ。

二列目 雪道

初めて乗るワンボックスなので死角が多いのではないかと心配したが、3列目シートを跳ね上げても視界を遮ることは無く視界はむしろ良い。乗換える前の車がハリヤー(幅1840mm)だったので幅が狭くなりかえって運転しやすくなった。そしてオプションのアラウンドビューモニターは正確だ。困ったことに、一度これに慣れてしまうと、アラウンドビューモニターが付いていない車を、真っ直ぐ駐車する事が難しくなる。

アラウンド・ビュー・モニター

この手の車は、夏はキャンプ場に冬はスキー場にとフル稼動するのだが、そんな時4WDと言うのは心強い。冬は4輪にスタッドレスタイヤを履かせればチェーンなどを付ける事無く自宅からスキー場まで行ける。タイヤのサイズも195/65R15だから乗り心地はソフトなので、振動で寝ている子供たちを起こさずに済む点がよい。

by Yuji

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です