子どもに伝える

ぐーぐ(長男)間もなく6才、でぃーでぃ(次男)あと1か月で3才の今日この頃…。
かわいい年頃ね~。本当、後で、このときが一番よかったと思うわよ~」等々、通りがかる方に笑顔で話しかけてもらえたりしますが…

ご飯を食べないと言ってみたり、片づけた後に食べたいと言ってみたり、
お風呂に入らないと言ってみたり、お風呂に家族が入った後に「お風呂入りたい」と言ってみたり、
「とけいの9までにごはん終わらせてお風呂入り始めないと、7時のテレビ見れないよ」と親が言えば、「9になった!」と言って風呂に入るも、7時にお風呂出てきて、テレビ見ながらごはんを食べ始めたり(もう片づけだよ!)…

おもちゃが大量にテレビの前に散らかっているのに、テレビを見続けたり(私はおもちゃがあるならおもちゃで遊んでほしい)、
鉄棒を買って、さらに特訓DVDまで買ってるのに、子どもらが本来の使い方でない高さを変えて遊ぶとか2人で場所取り合いするとかされて、「鉄棒が危ないからやめさせなさい」と言われたり…(怒るポイントは人によって違うから…)

こういうのに振り回されていたら(言うことを聞くのも、言うことを聞かずに泣かれるのも…)、4月から本当に困る!!

で、本当に、ぐったり…して、

子どもの前で、「(もう相手するの)無理(むり)」と私。

でぃーでぃ、聞き前ちがえて、「プリ? プリン? プリン?」 好物に聞こえたらしく機嫌が良い…。

私がもう、「切れる寸前」と言ったら、

ぐーぐが、私の腕のところで、「ちょきちょきちょき…」とハサミの真似…。かわいいねぇ………。

でも、これじゃぁ、いっくら注意しても伝わらないよね~。

もう仕方ない…
もうケガしてわかってもらうしかないのでしょうか…。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です