「あの頃は…」談

自分が新入社員のころ、40代の課長に、「○○のシステムはこんなだったんだ」と聞いたりしていましたが、自分がそういう話をする年代になりました。

自分が学生のころは、PHSがあったよね、とか、インターネット始まったばっかりだったとか。ポケベル世代とか、ちがうとかとか…。

 

ここ数年はスマホが出てきましたが…。

 

スマホアプリって、そのプログラムは何か計算をするとか、ゴールが1つでなく、本当にいろんなボタンがあって、いろんなケース(情報の組み合わせ)で動かされて、どうするかを決めておかないとプログラムが強制終了されるんだな、というのを実感した次第。

 

にしても、「動作を定義しておかなければ、落ちる」ことが決まっているなら、「定義していないところは、いいように処理してくれる」ようになってくれないかなぁと。

将来、あと10年くらいしたら、「私が40代のころは、プログラムのデバッグが大変でねぇ。ひとつひとつ手作業で探したもんだよ~」なんて、ならないもんでしょうか。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です