カナダ旅行のための「両替」の話 お得だったのは…

2017年7月末のお話。

カナダ旅行のための「カナダドル」購入の話。

旅行しての実感では、現金を使うシーンがほとんどなく(ホテルのベッドのチップ、コインランドリーくらい)、ほとんど両替せず、ジュースなど少額の買い物でもカード払いにするのが一番得で、少額両替するなら、成田空港のグリーンポートエージェンシーが、楽でお得ということ。

両替といえば、「国内」か「現地」か? 現地の空港か、ホテルか、両替屋か? あとはタイミング(いつやるか)をはかるのが大切、と思っていましたが、基本の「空港内でもレートが違う」なんて…。時代が変わったの?

カード 1ドル:91.13円換算 < 海外キャッシング(帰国後即返金)  94.12円/ドル < グリーンポート・エージェンシー 96.13円 < 目の前にあった銀行の両替カウンター 97.15円 < 海外キャッシング 106.5円/ドル(カード引き落とし日まで待つと)

成田空港で両替

旅行代理店の人から受けたアドバイスは…「成田出発ロビーの銀行に行って、500ドルパックを買う」ということ。理由は、「カナダでは、ほとんどカードで支払うので、チップとかちょっとしたものを買いたいときに必要なくらいなので、高額紙幣は不要。両替もそれほどたくさんしなくてよいのでは」とのこと。

確かに旅行中、小さいパン屋でも、観光地のちょっとしたコーヒースタンドでも、カード支払い可でした。電車の一日乗車券を買ったときは現金を使ったけれど、もしかしたらカードが使えたかもしれないです。(そういう意味で、クレジットカードの「暗証番号」がわからないまま旅行すると、そのメリット受けられず)

ということで、成田空港について、一番買い物エリアから近い「千葉興業銀行」にて両替。残念ながら500ドルパックなし。全然時間に余裕があったにも関わらず、熟考せず、必要と思われる金額を全部10ドルにして両替done! この全部10ドルというのが、のちのち便利でした。

チェックインをしようとすると、「優遇レート」の文字のついている両替カウンターTravel Support GPA(グリーンポート・エージェンシー)が。7月31日まで限定で、両替レートがよいとのこと。(期間限定の期間が変動するようですが…)

この日のレート比較

1万円を千葉興業銀行で両替すると…102.9ドル

1万円をTravel Support GPAで両替すると…104.0ドル。約1ドル…100円弱の差。焦って両替してしまったことへの自責の念が…。でも、手遅れなので、次回旅行に行く機会があれば、もう少し、「成田空港内の両替所」を調べておて、レートも見ておきたいと思います。

1%も違ったレート

クレジットカード、換算率よし!

帰国してから自動家計簿を確認すると、カナダでの支払の日本円換算額がわかったので、セゾンカードのサイトに改めてログインして、円換算額を確認。(現地通貨額と円換算レートが見えるようにしてほしい > Kakeibon)

1万円買い物をすると、109.7ドル。銀行で両替した現金で、1万円現金で払うよりも、6.82ドル得=約622円/1万円得

ならば、このレートで海外キャッシングは割安なのか…というと、そうでもないです。

たとえば、セゾンカードで、100カナダドル、8月1日に、海外ATMから引き出し(本当は借金)していたとすると

  • [海外キャッシングの利息]=100×[レート]×[年利 18%]÷[365日]×[支払日までの日数]
  • [海外キャッシングの利息]=100×90.6475×0.18÷365×(10月4日-8月1日) = 1,590円
  • [実質のレート]=(100*90.6475+1,590)÷100= 106.5円/ドル

意外と割が悪いです…。

帰国後、クレジット引き落とし日を待たずに、なるべく早く返金すると…

  • [海外キャッシングの利息]=100×90.6475×0.18÷365×(8月15日-8月1日) = 348円
  • [実質のレート]=(100*90.6475+348)÷100= 94.12円/ドル

これなら、どちらの銀行よりも安いので、お得。

将来のための両替まとめ

取扱通貨一覧は、成田空港のページにありますので、アメリカに行く以外の場合はチェック必須

グリーンポート・エージェンシー(GPA)

見た目が銀行でないため、怪しんでしまいましたが、成田国際空港株式会社グループ会社とのこと。

場所は、第1ターミナル(4店舗・2両替機) 第2ターミナル(2店舗・1両替機)第3ターミナル(1店舗・1両替機)https://gpa-exchange.jp/shop/とあちこちに。

本日のレート 94.46円/カナダドル。※本日 2017年8月21日

三菱東京UFJ銀行

本日のレート95.44円/カナダドル。

みずほ銀行

本日のレート95.44円/カナダドル。三菱と同じですね…。「同じ」と思っているのが、感覚として古いのか…。

ちば銀行

口座の有無にかかわらずキャンペーンがあるときがある。成田空港だと割引率がよいらしいです。カナダドルのレートはわからず

京葉銀行

両替場所の案内は親切ですが、レートわからず。キャンペーンあり。

りそな銀行(トラベレックスジャパン)

りそな銀行のカードを持って、トラベレックスという両替所に行くと、割引レートで両替できるそうですが、そもそも95.54円/1カナダドルというのが残念。(2017年8月21日のことですが)

三井住友銀行

キャンペーンがあるらしいのだけれど、実際の金利がわからず。1円優遇は大きいかも。

千葉興業銀行

たまたま見たタイミングが悪かったかも。非公開でした…。変動するものだからでしょうか?

事前に両替することができれば

エクスチェンジャーズ

ネットで注文できる外貨両替サービス。7万円未満の場合、送料が500円。銀行振込手数料などもかかるそう。87.9円/ドル。

お得度の計算用のページ

手数料がかかると、銀行が安いのか、エクスチェンジャーズが安いのか、わかりづらかったので、手入力でですが、計算ができるページを用意しましたので、よろしければ、ご活用くださいませ。

計算できるページ 2社の両替レートを比較してみよう

今回の旅行(15日間)で、現金は3万円くらいあれば足りました(ほとんど、どこでもカード決済なので)。計算すると、「送料500円」がかかっても、結構お得だったことがわかり、いまさらながら残念。

100ドル単位でしか両替ができない通貨もあったり、残高によっては制限があるようだし、郵便書留を受け取ること自体が困難だったかもしれないので、一長一短感はありますが。(店舗の近くに行くことがあれば、さらにお得)

FX

カナダドルではうまくいくかわかりませんが、FXの口座を海外旅行の両替用に使えてレートがいいという噂、とか、銀行の人が外貨預金を進めるときには、「お子様が留学されるときに使えますよ」とか、どのくらいその可能性があるのかはわかりませんが…そういう、海外に行くときように、資産を使えるという話もあり。

ネット証券口座とかFX口座からの外貨現金の引き出し方法が想像できないんですが…。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です