Viscuit ことはじめ

Viscuit(ビスケット)は、小さいこどもでも扱える、文字が読めなくても、コンピュータに指令を送れるプログラミングプラットフォーム(プラットフォームというのか、ツールというのか、言語というのか、アプリというのか…?)。

操作が独特なので、本当に、何をしてよいのか、わからなかったので、「ビスケットの使い方 http://www7.viscuit.com/howto/」の動画が参考になりました。

動かし方は、わかったけれど、「絵が動くけど、それがどう面白い?」というのがよくわからず、サイトを見ているとコンテストがあったみたい。

ビスケット、ゲームと検索すると、受賞者のサイト、ヒット! うれしい…

いろラボブログ

すごすぎて真似できないプログラムもありましたが、シンプルなものは、アイディアが湧いてくる感じがしてよかったです。

真似っこしていたのを子供たちがみて、アレンジしたりしています。

子どもたちと病院待合室で、YouTube見せる罪悪感との葛藤がありましたが、今日は、ビスケット。

「小さい魚たちがふらふらと動いて」「大きい魚がうしろにくると、大きい魚にかわっちゃう」というストーリー。by でぃーでぃ。

大きい魚と小さい魚の追いかけっこ

マンボーが卵を産んで、大きくなったり、また卵に戻ったり…というストーリー。by ぐーぐ。

まんぼうとたまご

結構、子供たち楽しそうです。私も楽しくて、子供とiPad並べて、遊んでます。動くおえかきって感じで楽しいですよ。私はイラスト書けませんが、下手でも楽しいです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です