スポGOMI大会に行ってきました(葛西臨海公園)

長男が学校で環境問題に取り組んでいたので(たぶん本人はそんな勉強をしたことすら覚えて無さそうですけれど…)、葛西臨海公園でおこなわれたスポGOMI大会に参加してきました。 チームワークを試されるフォトロゲイニングと同じような気持ちで参加しました。

スポGOMIとは

スポGOMIは、予め定められたエリアで、制限時間内に、チームワークでごみを拾い、ごみの量と質でポイントを競い合うスポーツです。

スポGOMIとは

社会貢献、地域美化、環境問題…など、いろいろ提議されてます。

環境大臣も来てました。(オリンピック開幕500日前イベントだったそうで、夕方のニュースにも出てました。)

が、あまり考えることなく、ゴミを拾うという単純作業とチームで「どこへいくか」とか揉める楽しさがあります。

当日は、春の海といことで、ゴミが少な目、思ったよりもゴミが少なく、苦戦!

最下位は逃れましたが…。最下位のチームは、「あえてマイクロプラスチック」を狙ったチームでした。奥深い…。

参加した効果

その後、キャンプで撤収のときに、暇そうな兄弟たちに「スポGOMIするよ」というと、一生懸命ゴミを拾ってくれる(とくに次男が)ようになりました。(でも、賞品があるということが刷り込まれたようで、ご褒美にアイスとかを要求されます…)