アメリカ グランドサークル旅行 1日目 ラスベガスになかなか着かないという1日

行程

当初の目論見

ロサンゼルス午前10時着、ロサンゼルスからラスベガスまで4時間とGoogleさんがおっしゃっているので、ラスベガスの街を散策できるかも…なんて思っていました。

実際

成田空港へ

成田空港に行くときの楽しみは…、酒々井アウトレットパークのイッタラのアウトレットとフードコートと、空港内のアウトドアショップのA&F Companyでしたが、家族が文句を言いそうなので今回は我慢。

「成田空港に遅刻せずに到着するために早く家を出たい」と思い、子供達に「期間限定のNINTENDOのブースがあるよ」と伝えると、まま、よい時間に出発できました。到着ロビーにあったので、どちらかというと海外の人向けのブースだったようですが…。少しSwitchを体験して、飛行機に乗りました。

長時間フライト

今でも、2人がくっつくとうるさいので、4人席の真ん中に夫婦で座って両隣に息子たちという席順。結構静かに過ごせました。つらかった幼児期の旅の思い出はこちら。(忘れた方がよいかも…)

夫婦でApple Watchの時間がどこの時間とか見ながら行きました。

ロサンゼルス空港着

午前10時ころ到着。入国審査がすごーーーーーく時間がかかって12時くらいまでかかりました。

すでに午後2時すぎ レンタカー出発

レンタカーを借りるときに、スタッフの方曰く「早くロサンゼルスを出た方がいい」とのこと。渋滞がすごいらしい。この後、それを体感することになるとは!!!

借りた車と対面。

想像よりも大きかった模様…。

いまさら交換するのも、今後の移動に支障をきたしそうなので、そのまま出発。

ラグジュアリーな車となりました。

(レンタル料金はそんなに大きな差はないみたいですけれど。おおざっぱすぎ>_<)

「4時間」が縮まらない…なぜ!?

距離的に「京都-東京」らしいですが、Googleさんの予想では、「4時間」と出ていまして、「アメリカのハイウェイってのはスピードが出せるんだ」と素人な旅人家族は思っていました…

いくらフリーウェイを進んでも、到着予定時刻が「4時間後」から縮まらない…。

途中、「アメリカの消防車だね!」とか「車多いね!」と話していました。

タコベルが懐かしい!と盛り上がり母喜んで購入するも

でぃーでぃ(次男)が拒絶。

盛り上がるネタも尽き、淡々とドライブ。でも、到着予定時刻はどんどん後ろに下がっていくのはなぜなんでしょう。日本のカーナビがすごいのか?

ホテル到着

ラスベガスのホテルに到着したのは、午後10時。エクスカリバーホテル。お伽話風の外観ですけれど、中はとくに子供向けってわけではなかったです。立地が良いとか「モノレールの駅がある」から選んだのですが、現地ですっかり忘れてました。

夜ご飯

ホテルの食べ放題を期待していましたが、もう閉店。24時間営業のファーストフード店でサラダとハンバーガー、「ルートビアー」とポテトフライを買いました。が、微妙…な味…と、1日目が終了したのでした。

まあ着いただけでも、よかったね。