本の感想 遠い他国でひょんと死ぬるや

戦争もの、旅行の参考にできるかなということで読んでみました。

遠い他国でひょんと死ぬるや

ドキュメンタリー作成をしていたテレビマンが会社を辞めて、太平洋戦争中に書かれた詩のノートを求めて フィリピンを旅するというお話。 (かなりおおざっぱな説明で恐縮)

現在もなお戦いが続く背景などの話がおもしろかったです。

自分がおじさんだったら、感情移入しまくると思いました。

お気に入り度:★★☆☆☆