子連れパラオ旅行 4日目

4日目。天気良し

部屋から、海を見ると、雲が海に反射している。つまり、すっごく凪。

DSC02050 海と空の境目がわからないなんて、すごい~。一人感動。(みんなが寝ている間に風景写真撮影…)

朝食はホテルの売店でおにぎり購入。

8時すぎ、ツアー集合。ボートに乗って、ナチュラル・アーチなどの絶景を見つつ、魚がたくさんいるポイントへ。

親シュノーケルで、ぐーぐはライフジャケット+箱メガネ、でぃーでぃはライフジャケット+浮き輪(股着き)+箱メガネでトライ。

DSC02067 DSC02086

足がつかないところで、よくがんばった! (最初はすっごいぐずられて大変だった…)

そして、大シャコ貝。寿命は80年で、大体これは60~70才。イノキアイランドの近くのスポット。ちなみに下の写真はガイドさん撮影。

DSC02078

潜れぬ私は、下の写真がやっと。たくさんいるのがわかるでしょ!

DSC02082

無人島に寄って、BBQ。ここのポイントも魚たくさん。あと50m泳ぐと零戦が水没しているのが見えました。この旅の間、ところどころで戦争の名残や慰霊塔などが見れます。昔、パラオ人と関係ない人たち(日本とアメリカ)の戦争でこの場が使われてしまった悲しい歴史と、今の自然の美しさ、パラオ人の人の好さを見ると平和の大切さをよけいに感じます…。

KM3A4704

KM3A4747

きれいで浅い砂浜なので、子どもらも自由に歩き回って、魚を追いかけてました。自由すぎて、でぃーでぃは、いつの間にか足のつかないところにいって、あおむけに浮いて、泣いてました…。やっぱり海は危ないです…。

しらばくしてから、「パラダイス」というポイントに行って、小魚大量、ナポレオンフィッシュを見る~。

DSC02119

人も大漁、でした。

ホテルに戻り、シャワーを浴びて、夜ご飯へ。BBIバスに乗って、アンティアス・カフェへ。

DSC00595

こじゃれたバーという雰囲気。社長、パティシエ、シェフとも日本人で、シーフードがパラオ産とのこと。スタッフも日本人なので、雰囲気は外国なんだけど、コミュニケーションと胃袋は日本的に満たされるという不思議な感覚…。刺身がおいしかったです~。

送迎ありのレストランだそうで、レストランの車でホテルへ。就寝です…。

5日目パラオ・パシフィック・リゾートのビーチで遊ぶ一日…。

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です